UPSTART

三十代サラリーマンが日常で必要だと思う情報をアウトプットするブログ

健康診断で肝機能異常と診断されたので心配になり色々調べてみた



お世話になります。

 

リーマンたくです。

 

先日、会社で健康診断がありました。そして、結果が返ってきました。

 

今まで、健康診断は毎回A判定、今回も何の心配もしていませんでした。

が、しかし、入っていたのは、要精密検査の紙、、、

 

何の数値が引っかかったのかというと、肝機能の数値でした。

毎晩の酒が効いたのか、もしくはただ歳のせいなのか、僕には全く想像ができませんでした。

 

まさか、肝臓がん?何ていう心配もしてしまいました。

なので、色々と調べてみました。

f:id:netkajino:20151218165041j:plain

 

肝機能の数値について

まずは、肝機能の数値について。

AST(GOT) 基準値:IU/L30以下

ALT(GPT) 基準値:IU/L30以下

γGTP   基準値:IU/L50以下

 

ASTが高い場合は、肝細胞が障害を受けている場合があります。何らかの異常で肝細胞が破壊されることにより、血液中に漏れ出します。


しかし、AST(GOT)は肝臓以外の臓器にも存在するため、値の増減が必ずしも肝臓に関係しているとは限らず、AST(GOT)値のみが高値を示す場合は、肝臓以外の病気である可能性もあります。

 

ALTが高い場合は、肝細胞が障害を受けている場合があります。この数値は肝細胞のみです。

 

γGTPは、お酒の飲み過ぎ・肥満やある種のお薬などにより、γ-GTPがたくさんつくられるようになります。そのためγ-GTPが血液中に漏れ出し、数値が上がります。お酒や薬に影響されやすい数値です。

 

ちなみに僕の結果は、ASTが99IU/L、ALTが59IU/L、γ-GTPは正常値でした。

 

疑われる病気

AST(GOT)が高い値を示す病態

肝疾患
肝炎(急性・慢性)、肝硬変、肝がん、脂肪肝 など

心・骨格筋疾患
心筋梗塞、筋ジストロフィー、多発性筋炎 など

血液疾患
溶血性貧血発作性夜間ヘモグロビン尿症など) など

その他
膵炎、胆管炎、胆道がん など

 

ALT(GPT)が高い値を示す病態

・肝炎(急性、慢性)・肝硬変・肝がん・脂肪肝
・胆汁うっ滞 など

 

また、数値によっても疑われる病気が変わってきます。

  • AST 500IU/l以上 … 急性肝炎、心筋梗塞など
  • AST 100~500IU/l … 肝炎、肝臓がん、アルコール性肝障害、心筋梗塞など
  • AST 33~100IU/l … 慢性肝炎、肝硬変、アルコール性肝障害、心筋梗塞など
  • ALT 500IU/l以上 … 急性肝炎、慢性肝炎の急性増悪
  • ALT 100~500IU/l以上 … 急性肝炎、慢性肝炎、閉塞性黄疸
  • AST < ALT … 慢性肝炎、脂肪肝
  • AST > ALT … アルコール性肝障害、肝硬変、肝臓がん、心筋梗塞

僕の場合は、赤字に示す症状が疑われます。肝硬変、慢性肝炎、は急になるものではないので、青字のアルコール性肝障害が一番濃厚なような気がします。

 

精密検査

うだうだ言っててもわからないので、精密検査に行ってきました。

精密検査は、採血とエコーでした。そこでさらに異常があればMRIなどを取るみたいです。

 

結果

結果は、異常だった数値も元どおり、何の異常もありませんでした。一時的に肝臓が炎症を起こしていたんだと思います。

 

まあ、前日飲みすぎたとか、腹を殴られたとか?笑

 

あと、激しい運動をしたあとも数値が上がりやすいらしいです。ジムトレーニングの成果なのか?笑

 

とりあえず、何もなくてよかったです。

 

健康診断で、何かと引っかかることがあるかもしれません。異常がない場合が多いかもしれませんが、とりあえず病院で検査を受けた方が無難だと思います。安心が買えます。