UPSTART

三十代サラリーマンが日常で必要だと思う情報をアウトプットするブログ

バリ島での両替、バリ島で必要なお金など、バリ島のお金事情をまとめてみた!



お世話になります。

 

リーマンたくです。

 

一昨年に新婚旅行でバリ島に行きました。

 

そこで、今日は、バリでのお金事情についてお話します。

 

前回はお土産の話でした。

 

海外旅行:バリおすすめのお土産、定番のお土産をまとめてみる! - ライフハックを愛するサラリーマン日記

 

 

まずは、バリ旅行で必要なお金の種類についてですが、

ドルを35$(ビザ取得のため)と日本円をもって行けばよいです。

 

 ルピアに両替する

バリのお金は「ルピア」となりますが、これは、日本で両替しない方がいいです。

かなりレートが悪かったです。(実体験です)

 

f:id:netkajino:20140508192009j:plain

 

おすすめは街中の両替屋さんです。

 

そこで注意する点は、

  • お店が狭くて薄暗い
  • スタッフの雰囲気が悪い
  • 土産屋や露店が行っている小さな両替所
  • なぜか飛びぬけてレートがいい
  • お札を数えている間にやたら話しかけてくる

こういう両替店は避けたほうがいいです。

  • 政府公認マークが付いている両替所を使う
  • 綺麗なオフィスを構え、警備員がいるような両替所を使う
  • 両替中のスタッフの様子から目を離さない

こういった、両替店で両替を行ってください。

そして、必ず店頭で数えてください。ここでぼったくるところも多々あるらしいです。

もし、心配であれば、空港、ホテルで両替してください。

 

僕も、面倒になって、一回ホテルで両替しました。

レートは若干街中より悪かったですが、そんなに変わらなかったです。

 

レートの良い順番で言うと

1、街中両替所

2、バリの空港

3、ホテル

4、日本

 

日本では絶対ルピアに両替するのはやめましょう。これが一番大きい失敗でした。

 

ルピアと日本円

ルピアと日本円の関係ですが、買い物する時は、0を二つ取ったら約日本円

覚えておいたらいいです。

1000RP=約10円

 

バリにいくら現金をもって行くか?

僕は、二人で約10万円もっていきました。

使った明細としては、

・ビザ:70$(二人分)

・帰りの空港使用料:40万ルピア(二人分)

・スパ:約25000円(二人分)

・食事代:約10000円

・お土産代:約30000円

でした。

食事は、そこそこ贅沢しました。地元ワルンなどをは活用しませんでした。

地元ワルンとかで食べると、一食150円くらいらしいです。

結論として、二人で10万円もあれば十分だとおもいます。

高いレストランやスパなどを利用しなければ問題ないと思います。

 

あとは、クレジットカードなんですが、手数料3%とられるところが多いです。

なので、現金を多めにもっていきました。3%とられない所はカードを使用しました。

 

チップについて

チップは基本的には習慣がないみたいです。

その代わりサービス料として、とられているので、

「このサービスよかったな」と思うならあげればいいかなと。

基本は、5000RPくらいらしです。(約50円)

あまり、チップを要求するような仕草はなかったのが印象でした。

ただ、渡すと、めちゃくちゃ喜んでくれました。

もらって当たり前みたいな感じは受けなかったです。

 

バリの人たちの平均月収

平均月収は約300万RP(約3万円)らしいです。

ちなみに、ホテルで仲良くなった方は、月110万RP(約1万1千円)らしいです。

単身赴任で、奥さんと娘さん一人いるらしいです。

日本の約1/10くらいなのかなという印象でした。

 

まとめ

・ルピアへの両替は、街中で公認マークのあるところで!(日本での両替はNG)

・ドルは35$必要(ひとりにつき)

・帰りに空港で20万ルピア(ひとりにつき)必要な事を忘れない

・カードは手数料3%とられることが多い

・ルピアは0をふたつとったら日本円

・チップはあげる必要はないが、あげたらベター

 

これを覚えておけば、バリで困る事はないと思います。

ぜひ、行った事がない人はバリへ行きましょうwww